リクルートカードを作るといつ届く?

リクルートカードの作り方で気になるのは、申し込みからカードが届くまでの期間ではないでしょうか。

申し込み後にリクルートカードが届く期間には1~2週間と幅があります。

これはリクルートカードには楽天カードやイオンカードなど他のカードとは違った事情があるからです。

リクルートカードがお手元に届くまでの期間と最速で手に入れるための条件についてご説明します。

リクルートカードが届く期間は?

リクルートカードの申し込みはインターネットの公式サイトからのみ可能で、カードを作る際にはVISA、Master、JCBの中からカードのブランドを選ぶ必要があります。

リクルートカードが届く期間は、カードを作る際にどのブランドを選んだかで違いが出ます。

リクルートカードVISA、Masterの場合

ブランドでVISAかMasterを選んだ場合は、1週間~10日ほどでリクルートカードがお手元に届きます。

ただし、1週間~10日でリクルートカードを手に入れるためには1つ条件があります。

オンライン口座振替サービスの手続きが必要

それは、公式サイトでの申込時に「オンライン口座振替サービス」でカードの支払い口座を指定して手続きすることです。

オンライン口座振替サービスでは、インターネット上で支払い口座指定の手続きが完了します。

そのため、すぐに次のクレジットカードの審査、そして発行へと手続きがスムーズに進むのです。

以下の場合は、郵送による支払い口座の手続きになるため、リクルートカードの発行には時間がかかってしまうのでご注意ください。

  • 指定する金融機関がオンライン口座振替サービスを利用できない場合
  • 申し込み時間帯が金融機関のサービス停止の時間帯の場合

リクルートカード(三菱UFJニコス)のオンライン口座振替サービスが利用できる金融機関やサービス停止の時間帯は以下でご確認いただけます。

リクルートカードJCBの場合

また、JCBを選んだ場合のリクルートカードがお手元に届く期間は2週間です。

JCBの方がVISAやMasterを選んだ時よりも時間がかかります。

これはJCBを選んで申し込む場合には、クレジットカードの支払い口座の指定の手続きが郵送の手続きのみだからです。

リクルートカードのJCBではオンライン口座振替サービスはありません

リクルートカード

リクルートカードが届く期間に幅がある理由

VISAとMaster、JCBでリクルートカードが届く期間に違いが出る理由は、選ぶブランドでカードの発行会社が異なるからです。

実はリクルートカードはカードの発行自体はリクルートが行っているのではありません。

リクルートカードのVISAとMasterは三菱UFJニコスが、そしてJCBはJCBが、それぞれリクルートと提携をして発行を行っているのです。

先ほどご説明したように、三菱UFJニコスとJCBとではリクルートカードの支払い口座指定の手続きに違いあり、それが発行期間の違いになっているのです。

リクルートは三菱UFJニコスやJCBといった国際ブランドを扱うクレジットカードの専門会社に審査や発行、会員問い合わせ対応などのクレジットカードに特有の仕事を委託しているんですね。

そうしたクレジットカードの専門的な部分は他の会社に任せて、リクルート自体はカード会員の獲得を増やしたり、会員がカードをもっとお得に利用できるポイント制度やキャンペーン展開などの仕事に集中するというわけです。

これはリクルートカードと同じようにポイントが貯まって人気の楽天カード(楽天カードが発行)やイオンカード(イオンクレジットサービスが発行)など他のクレジットカードとリクルートカードが異なっている事情です。

あまり難しくお考えいただく必要はありませんが、リクルートカードが届く期間に違いがあるのはこのような事情によるものです。

リクルートカードの発送方法

郵便マーク

リクルートカードのブランドの違いによって、カードの発送方法にも多少の違いがあります。

VISAとMasterを選んだ場合、つまり三菱UFJニコスから発送されるリクルートカードは日本郵便の書留で郵送されてきます。

一方、JCBを選んだ場合、リクルートカードの発送はヤマト運輸(クロネコヤマト)か日本郵便の簡易書留です。

いずれの場合でも、公式サイトで申し込みをした時のご自宅住所で、申込者ご本人に限らず、ご家族でもお受け取りが可能です。

お勤めをされている場合など、日中に申込者ご本人が不在の場合でも、自宅にご家族がいらっしゃる方はカードを受け取れるのは便利ですね。

カードの「ブランド」とは?

カードのブランドについても簡単にご説明しておきましょう。

リクルートカードを作る時に選ぶVISA、Master、JCBはクレジットカードの「国際ブランド」と呼ばれるものです。

VISA、Master、JCBのいずれかの国際ブランドを選ぶことで、世界中の加盟店であなたのリクルートカードが利用できるようになります。

VISAとMasterは両方ともアメリカ発祥の国際ブランドで、世界で使える国や地域の範囲、加盟店数には大きな違いはありません。

ただ、世界的な売上高のシェアでいえばVISAの方が多いので迷った場合はVISAにしておけば、たいてい問題はありません。

また、JCBは日本生まれの唯一のクレジットカードの国際ブランドです。

使える国や地域の範囲はVISAやMasterよりはやや少なくなりますが、日本発祥の国際ブランドだけあって、やはり独自の使いやすさがあります。

クレジットカードは日本国内だけでしか使わないとか、海外旅行はハワイなど日本人観光客が良く行く国や地域にしか行かないという方でしたら、JCBを選ぶのもおすすめです。

リクルートカード

カードの審査が発行期間に影響することも

それから、これはリクルートカードに限ったことではありませんが、カード申し込み受付の審査の影響でカードが届く期間に違いが出ることもあります。

いわゆる「信用がある」申込者の審査は比較的スムーズに行われ、そうではない申込者の審査は慎重に行われます。

この「信用がある」とは、「クレジットカードを使った分のお金を支払日に返せるだけの能力がある」という意味です。

例えば、公務員や正社員などの比較的安定している職業や身分の方々は、定期的な収入が安定して見込めるとして「信用がある」とみなされる傾向があります。

その一方で、例えば、自営業やフリーターといった方たちは、個々の方々の実際がどうかは別にして、上記のような観点から慎重に審査をされることがあります。

また、これまでにクレジットカードに限らず信用の事故情報(例.延滞や遅延など)がある場合は、さらに審査は慎重になりますし、そもそもカードが作れないという事態もありえます。

以下の記事では、リクルートカードの申し込み時のその他の注意事項もご説明しています。

icon リクルートカードとはどんなカード?作る時の注意点は?

それから、リクルートカードを作るメリットは何と言ってもその高い還元率にあります。以下の記事で詳しくご説明しています。

icon リクルートカードを作るメリットは?高還元率?他には?

リクルートカードを最速で手に入れるには

リクルートカードの申し込み後にお手元に届くまでの時間と理由についてご説明しました。

リクルートカードが最速でお手元に届くのは申し込みから1週間です。

ご説明してきた内容から最速で手に入れるための条件を以下にまとめておきます。

  • ブランドはVISAかMasterを選ぶ
  • オンライン口座振替サービスで手続きする
  • 信用情報に問題がない

三菱UFJニコス(VISAかMaster)のオンライン口座振替サービスが利用できなければリクルートカードを最速で手に入れることはできません。

オンライン口座振替サービスが利用できる支払い口座の金融機関や申し込みの時間帯にはご注意ください。

リクルートカードの詳細やお申込みは以下の公式サイトをご覧ください。

リクルートカード