ANA VISAカードを作るならどの種類がいい?

使えば使うほどマイル(ANAマイレージクラブ)がどんどん貯まるANA VISAカード。

ANAグループやスターアライアンス加盟社を利用される方は必携の1枚です。

こちらでは、数多くある「ANA VISAカード」の種類と各カードがどんな方に向いているかをご紹介します。

ANA VISAカードの種類

ANA VISAカードには、各カードによって、年会費や保険の補償内容、ボーナスマイル、特典などに違いがあります。

ANA VISA 一般カード

ANA VISAカードのスタンダードと言えるのがこのカード。

ANA VISA 一般カード
画像元:ANA VISA カード

初年度の年会費は無料。カードの入会時、さらに毎年のカードの継続時にボーナスマイルがもらえます。

ANAグループ便搭乗ごとのボーナスマイルはx10%です。

また、ANAカードマイルプラス提携店や対象商品を利用の際、このカードでの支払いでマイルが貯まります(200円=1マイル)。

ショッピングやお食事のカード利用では「ワールドプレゼント」のポイントが貯まり、一定のレートでマイルに交換(移行)できます。

年会費 2,000円(税別)
※初年度無料
ポイント ワールドプレゼント、ANAマイル
国際ブランド VISA
入会ボーナスマイル(通常) 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル x10%
継続ボーナスマイル 1,000マイル
旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合) 海外:最高1,000万円/国内:-
国内航空傷害保険 最高1,000万円
ショッピング補償 年間100万円まで
※海外利用および国内リボ払い・分割払い(3回以上)利用のみ対象。
マイル移行手数料 ・10マイルコース:6,000円(税別)/年間
・5マイルコース:無料
マイル移行換算率 ・10マイルコース:ワールドプレゼント1ポイント=10マイル
・5マイルコース:ワールドプレゼント1ポイント=5マイル
その他 ・追加可能カード:ETCカード、家族カード
・電子マネー:iD携帯型、PiTaPa
・Apple Pay:設定可

どんな方に向いている?

ANAグループやスターアライアンス加盟各社をよく利用される方に向いています。

ANA VISA ワイドカード

ANA VISA ワイドカードは、一般カードよりも搭乗ボーナスマイルがグッとアップした1枚。

ANA VISA ワイドカード
画像元:ANA VISA カード

年会費はかかりますが、搭乗ボーナスマイルは25%にアップしてマイルが貯まりやすくなり、さらに保険の補償内容も充実しています。

また、ビジネスクラス専用カウンターチェックインやANAグループ空港内免税店での割引きなど、空の旅をより快適にしてくれる特典があります。

年会費 7,250円(税別)
ポイント ワールドプレゼント、ANAマイル
国際ブランド VISA
入会ボーナスマイル(通常) 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル x25%
継続ボーナスマイル 2,000マイル
旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合) 海外:最高5,000万円/国内:-
国内航空傷害保険 最高5,000万円
ショッピング補償 年間100万円まで
※海外利用および国内リボ払い・分割払い(3回以上)利用のみ対象。
マイル移行手数料 ・10マイルコース:6,000円(税別)/年間
・5マイルコース:無料
マイル移行換算率 ・10マイルコース:ワールドプレゼント1ポイント=10マイル
・5マイルコース:ワールドプレゼントポイント=5マイル
特典 ・ビジネスクラス専用カウンターチェックイン
・ANAグループ空港内免税店10%引き
・IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンク(国内)サービス
その他 ・追加可能カード:ETCカード、家族カード
・電子マネー:iD携帯型、PiTaPa
・Apple Pay:設定可

どんな方に向いている?

ANAグループやスターアライアンス加盟各社をよく利用される方、国内旅行や出張の多い方におすすめです。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA SuicaカードはANAカードとSuicaが1つになったANA VISAカードの中でも特徴のあるカード。

ANA VISA Suicaカード
画像元:ANA VISA カード

初年度年会費は無料。「クレジット機能」「ANAマイル」「Suica機能」の3つの機能が1枚になったカードです。

Suicaのオートチャージサービスも利用できます。

ショッピングなどでのカード利用のほか、Suicaへのチャージでも「ワールドプレゼント」のポイントが貯まります。

貯まったワールドプレゼントのポイントはANAマイルへの移行はもちろん、Suicaに移行することも可能です。

年会費 2,000円(税別)
※初年度無料
ポイント ワールドプレゼント、ANAマイル
国際ブランド VISA
入会ボーナスマイル(通常) 1,000マイル
搭乗ごとボーナスマイル x10%
継続ボーナスマイル 1,000マイル
旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合) 海外:最高1,000万円/国内:-
国内航空傷害保険 最高1,000万円
ショッピング補償 年間100万円まで
※海外利用および国内リボ払い・分割払い(3回以上)利用のみ対象。
マイル移行手数料 ・10マイルコース:6,000円(税別)/年間
・5マイルコース:無料
マイル移行換算率 ・10マイルコース:ワールドプレゼント1ポイント=10マイル
・5マイルコース:ワールドプレゼント1ポイント=5マイル
特徴 ・Suica機能搭載(オートチャージ可)
・ワールドプレゼントのSuicaへの交換可能
その他 ・追加可能カード:ETCカード
・電子マネー:iD携帯型、PiTaPa
・Apple Pay:設定可

どんな方に向いている?

ANAグループやスターアライアンス加盟各社を利用される方や、JR東日本をご利用の方に最適なカードです。

ANA VISA nimoca カード

ANA VISA nimoca カードもANA VISAカードの中で特徴的なカード。ANAカードとnimoca(ニモカ)の機能が1つになっています。

ANA VISA nimoca カード
画像元:ANA VISA カード

初年度会費は無料

ANA VISAカードの機能に、西鉄グループが発行している、九州地方を中心にしたIC乗車券カード・nimocaの機能が加わったカードです。

カードの裏面にはnimoca定期券の搭載が可能で、カードを利用して貯まったnimocaとマイルの相互交換が可能です。

年会費 2,000円(税別)
※初年度無料
ポイント ワールドプレゼント、ANAマイル、nimocaポイント
国際ブランド VISA
入会ボーナスマイル(通常) 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル x10%
継続ボーナスマイル 1,000マイル
旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合) 海外:最高1,000万円/国内:-
国内航空傷害保険 最高1,000万円
ショッピング補償 年間100万円まで
※海外利用および国内リボ払い・分割払い(3回以上)利用のみ対象。
マイル移行手数料 ・10マイルコース:6,000円(税別)/年間
・5マイルコース:無料
マイル移行換算率 ・10マイルコース:ワールドプレゼント1ポイント=10マイル
・5マイルコース:ワールドプレゼント1ポイント=5マイル
特徴 ・nimoca定期券搭載(カード裏面)
・nimoca搭載(オートチャージ可)
・ANAマイルとnimocaポイント相互交換可能
・西鉄グループの乗車やnimoca提携先で利用可能
その他 ・追加可能カード:ETCカード、家族カード
・電子マネー:iD携帯型、PiTaPa
・Apple Pay:設定可

どんな方に向いている?

ANAグループやスターアライアンス加盟各社を利用される方、九州地方にお住いの方、西鉄グループをご利用の方におすすめのカードです。

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドカードにゴールドカードのグレードの高いサービスが加わったカードです。

ANA VISA ワイドゴールドカード
画像元:ANA VISA カード

ANA VISA ワイドカードから各種保険が一層手厚くなり、空港ラウンジサービスなどゴールドカードならではのサービスが利用可能です。

カード利用で貯まるマイルは100円=1マイル。

また、カード利用代金WEB明細書サービスの利用とマイ・ペイすリボの申込と利用を併用することで、翌年度以降の年会費から4,500円+税分が割引されます。

年会費 14,000円(税別)
ポイント ワールドプレゼント、ANAマイル
国際ブランド VISA
入会ボーナスマイル(通常) 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル x25%
継続ボーナスマイル 2,000マイル
旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合) 海外:最高5,000万円/国内:最高5,000万円
国内航空傷害保険 最高5,000万円
ショッピング補償 年間300万円まで
マイル移行手数料 無料
マイル移行換算率 10マイルコース:ワールドプレゼント1ポイント=10マイル
特典 ・空港ラウンジサービス、ゴールドデスク利用可能
・ビジネスクラス専用カウンターチェックイン
・ANAグループ空港内免税店10%引き
・IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンク(国内)サービス
その他 ・追加可能カード:ETCカード、家族カード
・電子マネー:iD携帯型、PiTaPa
・Apple Pay:設定可

どんな方に向いている?

旅行や出張の多い方、ANAグループやスターアライアンス加盟各社を特によく利用される方に向いています。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、ANA VISA カードの最上級カード。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード
画像元:ANA VISA カード

ポイント、マイル、サービスの全てにおいて最高のクオリティが用意されています。

年会費 80,000円(税別)
ポイント ワールドプレゼント、ANAマイル
国際ブランド VISA
入会ボーナスマイル(通常) 10,000マイル
搭乗ボーナスマイル x50%
継続ボーナスマイル 10,000マイル
旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合) 海外:最高1億円/国内:最高1億円
国内航空傷害保険 最高5,000万円
ショッピング補償 年間500万円まで
マイル移行手数料 無料
マイル移行換算率 ワールドプレゼント通常ポイント1ポイント+ボーナスポイント1ポイント=15マイル
特典 ・ワールドプレゼント2倍
・ANAマイル2倍
・国内線ANAラウンジ利用可能
・世界各地の空港ラウンジで使えるプライオリティ・パス
・プラチナコンシェルジュ利用可能
※ほか特典多数
その他 ・追加可能カード:ETCカード、家族カード
・電子マネー:iD携帯型、PiTaPa
・Apple Pay:設定可
・航空機遅延保険あり

どんな方に向いている?

ビジネスなどでANAまたはスターアライアンス加盟各社を頻繁に利用する機会のある方に向いています。申込対象は30歳以上の安定して継続的な収入のある方に限定されています。

ANA VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」

ANA VISAカードでは、ショッピングやお食事のカードの利用では、「ワールドプレゼント」ポイントが貯まります。

「ワールドプレゼント」はANA VISAカードの発行を行っている三井住友カードのポイントプログラムです。

カードの利用金額に応じてたまる「ワールドプレゼント」ポイントを好きな商品や他社のポイントと交換でき、もちろんANAカードならマイルへの移行が可能です。

利用金額の合計1,000円(税込)ごとに1ポイントの「ワールドプレゼント」ポイントが貯まります。

ANAマイルへの交換(移行)レートや手数料の有無はANA VISAカードの種類ごとに異なるのでご注意ください。

おすすめのANA VISAカードは?

ANA VISAカードの種類をご紹介しました。

たくさんの種類がありますが、1枚おすすめするとしたら、「ANA VISA Suicaカード」です。

ANA VISA Suicaカード
画像元:ANA VISA カード

年会費は初年度無料、カード入会や継続でボーナスマイルがもらえ、搭乗ごとのボーナスマイルもあり、とANA VISAカードの基本的なメリットがしっかりと押さえられています。

そして、何と言ってもメリットは電子マネー・Suicaが利用できること。

貯まった「ワールドプレゼント」ポイントのSuicaへの移行もできますし、オートチャージ機能も使えるので、使い勝手の良さは抜群です。

もしも、九州地方にお住まいの方ならば、ANA VISA nimoca カードも良いですね。

ANA VISAカードの詳細やお申込みは以下の公式サイトをご覧ください。