リクルートカードとはどんなカード?作る時の注意点は?

リクルートカードはいつでも1.2%の高還元率を誇るクレジットカードで、「カードはやっぱりポイント高還元でなきゃ!」という方には必携の1枚です。

とっても魅力的なリクルートカードですが、カードを作る時にあたっては注意しておきたいことがあります。

こちらではリクルートカードがどんなカードなのかを簡単にご説明した後、リクルートカードを作る時の注意点をご説明します。

リクルートカードはこんなカード

まずはリクルートカードのプロフィールをご紹介します。

リクルートカードのプロフィール

年会費 永年無料
ポイント リクルートポイント
※いつでも1.2%の高還元率!
国際ブランド VISA、Master、JCB
電子マネー nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
※国際ブランドがJCBの場合はnanacoとモバイルSuicaのみ
保険 国内・海外旅行傷害保険付き(利用付帯)
ショッピング保険 年間200万円
キャッシング利用可能額 10~100万円
※VISA、Masterの場合
その他 ・家族カードの年会費無料
・リクルートポイントはPontaポイントと相互交換可能

いつでも1.2%の驚異の高還元率

リクルートカードの特徴は、なんと言ってもいつでも1.2%の高還元率です。

クレジットカード業界ではひと頃の高還元ブームが後退して、ジャックスカードなどのかつての高還元カードが続々と還元率を落としています。

そのような中で、いつでもどこでも利用すれば1.2%の高還元率を実現しているリクルートカードは異例の存在と言ってよいでしょう。

この高還元率で年会費も永年無料なのですから、カードの利用者からするとリクルートカードは大変うれしい存在ですよね。

さらに、リクルートカードはショッピングモールの「ポンパレモール」や宿・ホテル予約サイトの「じゃらん」などのリクルートグループのサービスと併用することで3%から4%以上の高還元を実現することも可能です。

また、貯めたポイント(リクルートポイント)は共通ポイントサービス「Ponta」との等価の交換もできます。

Pontaweb画面
画像:共通ポイントPonta

Pontaは三菱商事系のポイントサービスで、コンビニのローソン、ガソリンスタンドの昭和シェル石油のサービスステーション、DVDやゲームレンタルのゲオなど多くの提携企業で利用することができます。

リクルートカードの高還元ポイントやPontaとの交換については以下の記事でさらに詳しくご説明しています。

icon リクルートカードを作るメリットは?高還元率?他には?

また、以前リクルートカードには、リクルートカードプラスという2.0%のさらに驚異的な高還元率のカードもあったのですが、残念ながら現在は募集を停止しています。

リクルートカードを作る時の3つの注意点

高還元率が魅力のリクルートカードを作る時に、あらかじめ注意しておきたい点を3つご説明します。

これらの注意点を理解しておけば、カードを作る時にスムーズに作れます。

注意点1.カードを作るにはリクルートIDが必須

1つ目の注意点は、リクルートカードを作るには「リクルートID」が必須なことです。

リクルートIDとは、リクルートグループの色々なオンラインサービスで共通に利用できる会員IDのことです

リクルートIDを持っていない場合は

リクルートIDをまだお持ちでなくて、リクルートカードを作る場合は、まずリクルートカード公式サイト内の「リクルートカードの詳細」の青いボタン、さらに次のページ下部の「カードのお申込みはこちら」の赤いボタンからリクルートIDの新規会員登録ページへ進んで手続きを行います。

リクルートIDの新規会員登録ページの手続きは、まずメールアドレスを登録すると、そのメールアドレス宛にリクルートカードから登録用URLが書かれたメールが届きます。

次にリクルートカードからのメールに書かれたURLから本登録画面へアクセスして、名前や生年月日などの必須情報を登録すれば完了です。

リクルートID登録完了後はそのままリクルートカード申し込みに移るので、とくに申し込み手続きで迷うことはないでしょう。

リクルートカード

注意点2.カードの申し込み資格は18歳以上

リクルートカードを作るうえでの注意点の2つ目は、カードの申し込み資格が以下のように規定されていて、年齢制限があることにご注意ください。

原則として18才以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または、18才以上の学生の方(高校生を除く)。
※未成年の方のお申込みには、親権者の方の同意が必要です。

引用:リクルートカードの発行会社三菱UFJニコスのページ

リクルートカードの申込資格の対象年齢は18歳以上です。

学生の方でも申し込みは可能ですが、高校生の方は申し込むことができません。

この「対象年齢が18歳以上、高校生不可」という条件はリクルートカードに限ったものではなく、他のクレジットカード会社と同様ですね。

注意点3.カードの申し込みはインターネットのみ

最後3つ目の注意点は、現在リクルートカードの申し込みはインターネットのみの受付となっていることです。

以前は書面での受け付けも行われていたのですが、2016年4月1日からインターネットでの受付のみに変更になりました。

最近のクレジットカードはインターネットからの申し込みで作れるものが多いですし、リクルートカードの場合は先ほどご説明したリクルートIDさえあれば特にインターネットからの申し込みでも困ることはないでしょう。

インターネットの申し込みでリクルートカードを作ってから、カードがどれくらいの期間でお手元に届くのかは以下の記事でご説明しています。

icon リクルートカードを作るといつ届く?

年会費無料で高還元率の最強カード!

リクルートカードのプロフィールとカードを作る際の注意点をご説明しました。

かつての高還元カードが低迷していく中で、いつでもどこでも利用で1.2%の高還元率を実現するリクルートカード。

高還元なだけでなく、さらに年会費も永年無料となれば、コストパフォーマンスを重視するなら「最強のクレジットカード」と言っても良いでしょう。

リクルートカードの詳細やお申込みは以下の公式サイトをご覧ください。

リクルートカード