ビューカードを作るならおすすめのカードはどれ?

JR東日本を利用するなら、絶対に作っておきたいのがビューカード(VIEWカード)。

定期券やSuicaなど普段の乗車利用はもちろん、さまざまなシーンでJRE POINTがお得に貯まる仕組みがいっぱいです。

ビューカードのおすすめをピックアップ!

ビューカードには、ユニークな特徴のあるカードがいろいろとありますが、ここでは特におすすめの6種類のカードをご紹介します。

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードはビューカードの定番と言えるカード。

クレジットカードとしての機能はもちろん、定期券Suicaの機能が付いて、通勤やお買い物など普段の生活のいろいろなシーンで活躍します。

ポイントは、買い物などの利用で、1,000円(税込)につきJRE POINTが5ポイント貯まります。

Suicaはオートチャージ機能付きで便利。さらに、オートチャージや定期券購入ではポイント3倍(1,000円(税込)につきJRE POINT15ポイント)でお得です。

年会費 524円(税込)
ポイント JRE POINT
※1,000円(税込)ごとに5ポイント
国際ブランド VISA、Master、JCB
旅行傷害保険 海外:最高500万円(自動付帯)/国内:最高1,000万円(利用付帯)
特典 ・Suicaオートチャージ機能
・定期券機能付き
・定期券購入、オートチャージでポイント3倍
・年間利用金額に応じてボーナスポイント
その他 ・追加可能カード・サービス:家族カード、ETCカード、接触ICチップ搭載

どんな方に向いている?

普段から通勤などでJR東日本をよく利用する方には特におすすめのカードです。

ルミネカード

ルミネカードは、ルミネでのお買い物にお得なカード。

ルミネカード
画像元:ルミネカード

年会費は初年度無料

ルミネやNEWoMan(ニュウマン)での利用、さらにルミネのネット通販アイルミネでの利用が、いつでも5%OFFになります。

さらに年に数回、10%OFFになるキャンペーンも行われます。

また、ルミネカードなら、カード利用で貯まったJRE POINTをルミネ商品券に交換することもできます。

年会費 1,048円(税込)
※初年度無料
ポイント JRE POINT
※1,000円(税込)ごとに5ポイント
国際ブランド VISA、Master、JCB
旅行傷害保険 海外:最高500万円(自動付帯)/国内:最高1,000万円(利用付帯)
特典 ・ルミネ・NEWoMan・ネット通販アイルミネ利用5%オフ
・JRE POINTのルミネ商品券交換可能
・年間利用金額に応じて商品券プレゼント
・Suicaオートチャージ機能
・定期券機能付き
・定期券購入、オートチャージでポイント3倍
その他 ・追加可能カード・サービス:ETCカード、接触ICチップ搭載

どんな方に向いている?

JR東日本をよく利用する方、お買い物やお食事などでルミネをよく利用する方に特に向いています。

ビューゴールドプラスカード

ビューゴールドプラスカードは、ゴールドカードの上質で手厚いサービスが楽しめる1枚。

入会や利用のポイント特典(各5,000ポイント)、さらに年間カード利用金額に応じたボーナスポイントなど、JRE POINTが貯まる仕組みが充実。

また、ゴールドカードらしく保険も手厚く、海外・国内とも旅行傷害保険は最高5,000万円が自動付帯です。

さらに、ビューゴールドラウンジ(東京駅構内)利用や空港ラウンジサービス、JR東日本グループ提携施設優待サービスなど、旅を楽しむためのサービスもいっぱいです。

年会費 111,000円(税込)
ポイント JRE POINT
※1,000円(税込)ごとに5ポイント
国際ブランド JCB
旅行傷害保険 海外:最高5,000万円(自動付帯)/国内:最高5,000万円(自動付帯)
ショッピングプロテクション 年間300万円(国内・海外)
特典 ・Suicaオートチャージ機能
・定期券機能付き
・定期券購入、オートチャージでポイント3倍
・年間利用金額に応じてボーナスポイント
・入会/利用特典5,000ポイント(1利用年間累計100万円以上)
・ビューゴールドラウンジ(東京駅構内)利用可能
・会員誌「VIEW Premium」、会員限定イベント
・JR東日本グループ提携施設優待サービス
・空港ラウンジサービス
・空港手荷物サービス優待等
・家族カード1枚目年会費無料
・ETCカード年会費無料
その他 ・追加可能カード・サービス:家族カード、ETCカード、接触ICチップ搭載

どんな方に向いている?

旅行や出張が多い方に向いています。カードを作るには、日本国内居住、電話連絡がとれる満20歳以上の安定した収入のある方、と条件があるのでご注意ください。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、ビックポイントとJRE POINTの両方が一度に貯まるお得なカード。

年会費は初年度無料。1年間のうちでカード利用があれば2年目以降も無料になります。

最大の特徴は、通常のカード利用でビックポイントとJRE POINTの2種類のポイントが両方一度に貯まること。

また、ビックカメラでの買い物をチャージしたSuicaで支払うと基本11.5%ポイントサービスがあります(チャージ上限等に条件あり)。

年会費 524円(税込)
※初年度無料
※2年目以降、前年1年間カード利用で無料
ポイント ・JRE POINT
・ビックポイント
※1,000円(税込)ごとに各5ポイント
国際ブランド VISA、JCB
旅行傷害保険 海外:最高500万円(自動付帯)/国内:最高1,000万円(利用付帯)
特典 ・Suicaオートチャージ機能
・定期券機能付き
・定期券購入、オートチャージでJRE POINT3倍
・ビックカメラでのSuica利用で基本10%ビックポイントサービス
・チャージしたSuica支払いで基本11.5%ポイントサービス
・ビックポイントのSuicaチャージ可能
・JRE POINTのビックポイント交換可能
その他 ・追加可能カード・サービス:ETCカード、接触ICチップ搭載

どんな方に向いている?

JR東日本をよく利用する方、ビックカメラやコジマ、ソフマップを利用する方に向いています。

大人の休日倶楽部ミドルカード

大人の休日倶楽部ミドルカードは満50歳以上の方の旅の楽しみを彩るカード。

年会費は初年度無料。2年目以降の年会費にはカード年会費だけでなく、大人の休日倶楽部ミドル年会費も含まれています。

新幹線を含んだJR東日本・JR北海道のきっぷが何回でも5%割引になります。

さらに、びゅう国内旅行商品なら、同行者の方も全員5%割引になります。

年会費 2,624円(税込・含大人の休日倶楽部ミドル年会費)
※初年度無料
ポイント JRE POINT
※1,000円(税込)ごとに5ポイント
国際ブランド VISA、Master、JCB
旅行傷害保険 海外:最高500万円(自動付帯)/国内:最高1,000万円(利用付帯)
特典 ・JR東日本線・JR北海道線のきっぷ5%割引(含新幹線。回数制限なし)
・びゅう国内旅行商品、同行者全員5%割引
・会員だけのおトクなきっぷ「大人の休日倶楽部パス」
・Suicaオートチャージ機能
・定期券機能付き
・定期券購入、オートチャージでポイント3倍
その他 ・追加可能カード・サービス:ETCカード、接触ICチップ搭載

どんな方に向いている?

鉄道の旅が好きな方で、男性満50歳以上64歳まで、女性満50歳以上59歳までの方に向いています(誕生日前の申し込みは不可)。

JRE CARD

JRE CARDは新たにビューカードの仲間として加わった高還元率カード。

JRE CARD
画像元:JRE CARD

年会費は初年度無料

カード利用1,000円ごとにJRE POINTが5ポイント貯まるのは他のビューカードと同じですが、JRE CARDが優れているのはJRE CARD優待店での利用でポイント還元3.5%の高還元率を誇ること。

首都圏や東日本のJRE CARD優待店は順次拡大していく予定で、3.5%の高還元率を活かせる機会が増えていきそうです。

ビューカードとしては、Suicaや定期券の有無を選択可能なのもユニークで、お好みのカード利用スタイルに合わせることができます。

年会費 524円(税込)
※初年度無料
ポイント JRE POINT
※1,000円(税込)ごとに5ポイント
国際ブランド ・VISA(Suica・定期券なし)
・VISA、Master、JCB(Suica付)
・VISA(Suica定期券付)
旅行傷害保険 海外:最高500万円(自動付帯)/国内:最高1,000万円(利用付帯)
特典 ・「JRE CARD優待店」利用ポイント還元率3.5%
・「JRE CARD加盟店」利用ポイント還元率1.5%
・定期券購入、Suicaチャージでポイント還元率1.5%
・Suicaオートチャージ機能
その他 ・追加可能カード・サービス:ETCカード、接触ICチップ搭載

どんな方に向いている?

JR東日本を利用されている方、高還元率のクレジットカードをお探しの方に向いています。

ビューカードのポイントサービス「JRE POINT」

ビューカードの利用で貯まるポイントは「JRE POINT」です。

今回のご紹介したビューカードでは、通常、利用金額1,000円ごとに5ポイント貯まります。

貯まったJRE POINTは、JRE CARD優待店やJRE CARD加盟店で1ポイント=1円で利用できたり、Suicaに1ポイント=1円でチャージできます。

他にもSuicaグリーン券への交換やJRE POINT WEBサイトで商品との交換、JR東日本グループのショッピングモール「JRE MALL」でのショッピングでも利用できます。

JRE POINTには有効期限がありますが、ポイントの発生から2年後の月末まで自動的に期限は延長されます。

おすすめのビューカードは?

JR東日本を利用する方は必携のカード、ビューカードの中からおすすめの6種類のカードをご紹介しました。

この中から特に1枚をおすすめするとしたら、ビックカメラSuicaカードです。

年会費は初年度無料で、2年目以降もカードを使い続けていれば、年会費無料になります。

ビューカードのメリットである、定期券やSuicaの機能を利用できるだけでなく、カード利用でJRE POINTとビックポイントの両ポイントが貯まるのはとてもお得です。

さらに、貯まったビックポイントのSuicaへのチャージJRE POINTのビックポイントへの交換、どちらも可能なので、ポイントの使い勝手が非常に良いですね。

クレジットカードをはじめて作る方にもおすすめできる1枚です。

ビックカメラSuicaカードの詳細やお申込みは以下の公式サイトをご覧ください。