ビューカードを作るならおすすめのカードはどれ?

JR東日本を利用するなら、絶対に作っておきたいのがビューカード(VIEWカード)。

定期券やSuicaなど普段の乗車利用はもちろん、さまざまなシーンでJRE POINTがお得に貯まる仕組みがいっぱいです。

ビューカードのおすすめをピックアップ!

ビューカードにはユニークな特徴のあるカードがいろいろとありますが、ここでは2種類のカードをご紹介します。

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードはビューカードの定番と言えるカード。

クレジットカードとしての機能はもちろん、定期券Suicaの機能が付いて、通勤やお買い物など普段の生活のいろいろなシーンで活躍します。

ポイントは、買い物などの利用で、1,000円(税込)につきJRE POINTが5ポイント貯まります。

Suicaはオートチャージ機能付きで便利です。

年会費 524円(税込)
ポイント JRE POINT
※1,000円(税込)ごとに5ポイント
国際ブランド VISA、Master、JCB
旅行傷害保険 海外:最高500万円(自動付帯)/国内:最高1,000万円(利用付帯)
特典 ・Suicaオートチャージ機能
・定期券機能付き
・年間利用金額に応じてボーナスポイント
その他 ・追加可能カード・サービス:家族カード、ETCカード、接触ICチップ搭載

どんな方に向いている?

普段から通勤などでJR東日本をよく利用する方には特におすすめのカードです。

ビューゴールドプラスカード

ビューゴールドプラスカードは、ゴールドカードの上質で手厚いサービスが楽しめる1枚。

入会や利用のポイント特典(各5,000ポイント)、さらに年間カード利用金額に応じたボーナスポイントなど、JRE POINTが貯まる仕組みが充実。

また、ゴールドカードらしく保険も手厚く、海外・国内とも旅行傷害保険は最高5,000万円が自動付帯です。

さらに、ビューゴールドラウンジ(東京駅構内)利用や空港ラウンジサービス、JR東日本グループ提携施設優待サービスなど、旅を楽しむためのサービスもいっぱいです。

年会費 11,000円(税込)
ポイント JRE POINT
※1,000円(税込)ごとに5ポイント
国際ブランド JCB
旅行傷害保険 海外:最高5,000万円(自動付帯)/国内:最高5,000万円(自動付帯)
ショッピングプロテクション 年間300万円(国内・海外)
特典 ・Suicaオートチャージ機能
・定期券機能付き
・年間利用金額に応じてボーナスポイント
・入会/利用特典5,000ポイント(1利用年間累計100万円以上)
・ビューゴールドラウンジ(東京駅構内)利用可能
・会員誌「VIEW Premium」、会員限定イベント
・JR東日本グループ提携施設優待サービス
・空港ラウンジサービス
・空港手荷物サービス優待等
・家族カード1枚目年会費無料
・ETCカード年会費無料
その他 ・追加可能カード・サービス:家族カード、ETCカード、接触ICチップ搭載

どんな方に向いている?

旅行や出張が多い方に向いています。カードを作るには、日本国内居住、電話連絡がとれる満20歳以上の安定した収入のある方、と条件があるのでご注意ください。

ビューカードのポイントサービス「JRE POINT」

ビューカードの利用で貯まるポイントは「JRE POINT」です。

今回のご紹介したビューカードでは、利用金額1,000円ごとに5ポイント貯まります。

貯まったJRE POINTは、JRE CARD優待店やJRE CARD加盟店で1ポイント=1円で利用できたり、Suicaに1ポイント=1円でチャージできます。

他にもSuicaグリーン券への交換やJRE POINT WEBサイトで商品との交換、JR東日本グループのショッピングモール「JRE MALL」でのショッピングでも利用できます。

JRE POINTには有効期限がありますが、ポイントの発生から2年後の月末まで自動的に期限は延長されます。

おすすめのビューカードは?

JR東日本を利用する方は必携のカード、ビューカードの中から2種類のカードをご紹介しました。

この中から特に1枚をおすすめするとしたら、定番の「ビュー・スイカ」カードです。

年会費は524円(税込)とリーズナブルですし、Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードの各機能が1枚にまとまった便利さが良いですね。

クレジットカードをはじめて作る方にもおすすめできる1枚です。

「ビュー・スイカ」カードを作るには以下の公式サイトからお申し込みください。