楽天カードを作るときの3つの注意事項!

インターネットでのお買い物はもちろん、街でのショッピングでもポイントが付くことで多くの方々に人気を集める楽天カード。

この楽天カードを公式サイトから作る際の注意事項を3つご説明します。

カード申し込み受付対象年齢は18歳以上

1つ目の注意点としては、楽天カードの申し込み受付には年齢制限があります。

楽天カードの申込受付の対象年齢は18歳以上ですので注意してください。

高校生は申し込みできません

また、楽天カードは学生の方でも申し込むことはできますが、高校生の方は申し込むことができません。

これは楽天カードに限ったことではなく、ほとんどのクレジットカードでは対象年齢を18歳以上、高校生不可という条件を付けています。

一方で、主婦やパート、アルバイトといった方々は楽天カードに申し込むことが可能です。

楽天の会員登録が必須

2つ目の注意点ですが、楽天カードを作るための必須の条件として「楽天会員登録」があります。

すでに楽天会員で「楽天ID」をお持ちの方は問題ありませんが、まだ楽天会員でなくて楽天ID(ユーザID)をお持ちでない方は、楽天カードを作る際に楽天会員登録も同時にする必要があります。

楽天会員登録はカンタン!

ただ、会員登録といっても難しく考えなくても大丈夫です。

楽天の会員登録は、決まった項目を入力して規約へ同意するだけの簡単なものです。

会員登録はすぐに完了します。

入力する項目は以下のとおりです。

  • メールアドレス
  • ユーザID
  • パスワード
  • 基本情報(氏名、フリガナ、誕生日、性別、住所、電話番号)

パスワードは第三者に簡単に類推されにくいものにするように注意しましょう。

楽天IDはメールアドレスでもOK

楽天IDは会員登録後に楽天の色々なサービスを利用する際に必要になるIDです。

楽天IDの設定はご自身のメールアドレスでもOKです。

ただし、メールアドレスの場合、同一のメールアドレスを複数登録をすることはできないのでご注意ください。

例えば、ご家族などでメールアドレスを共有していて、ご家族の方がすでにそのメールアドレスで楽天会員登録されている場合などは登録できませんので、他のメールアドレスにする必要があります。

また、楽天カードを作るときに登録した楽天IDは、会員登録後に変更することも可能です。

楽天カードのブランドは後から変更できない

最後の3つ目の注意点は楽天カードの「ブランド」です。

このブランドとはクレジットカードの国際ブランドのことです。

あなたが作る楽天カードの種類にもよりますが、定番の「楽天カード」の場合、選べるブランドはVISA、Master、JCBのうちのいずれかです。

このブランドを選ぶことによって、世界中の加盟店であなたの楽天カードが利用できるようになります。

さて、このブランドは楽天カードを作るときに選択するのですが、カードを作った後に国際ブランドは変更はできないので注意してください。

例えば、ブランドをJCBで楽天カードを作ったのだけれど、やっぱりVISAに変更したい!などという場合は、あらためてカードを作り直すしかありません。

そしてカードを作り直す際は、再度審査を受けることになります。

どのブランドを選ぶべきか

後から変更できないので、作る楽天カードのブランドを何にするかは慎重に選ぶべきですが、迷ったらVISAにしておけば、たいてい問題はありません。

VISAもMasterもアメリカ発祥の国際ブランドですが、現在は世界中での使える国や地域の範囲、加盟店数に大きな違いはありません。

ただ、所有者のシェアでいえばVISAの方が多いので迷った場合はVISAにしておけばよいです。

また、クレジットカードは日本国内でしか使わない、とか、海外旅行は日本人観光客が良く行く国や地域しか行かない(例.ハワイなど)という方でしたら、JCBを選ぶのもよいでしょう。

楽天カード画像
画像元:楽天カード

JCBは日本生まれの唯一のクレジットカードの国際ブランドです。

使える国や地域の範囲はVISAやMasterに比べればやや譲りますが、やはり日本発祥の国際ブランドだけあって、独自の良さがあります。

例えば、JCBは東京ディズニーリゾートの「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のオフィシャルカードなので、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーではさまざまな特典でお得に楽しむことができます。

また、ハワイではJCBカードを見せるだけでワイキキ・トロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料になったりするなど、海外でも日本人の観光客に人気のある地域では使い勝手はよいですね。

それから、すでに別のクレジットカードを1枚持っているのであれば、今度作る楽天カードでは別の国際ブランドを選んでおくとよいでしょう。

例えば、すでにVISAの国際ブランドのクレジットカードを持っているのでしたら、MasterかJCBを選んでおけば、国や地域、使える店舗の範囲がさらに広がることになるので便利です。

注意事項を理解して楽天カードを作ろう

楽天カードを作るときの注意事項を3つご説明しました。

年齢に具体的に制限がある以外は、事前にきちんと理解していれば問題はなく、こうした間口の広さも楽天カードが幅広い層の方々に人気の理由ですね。

楽天カードは公式サイトでのお申し込みから1週間、最短3日でお手元に届きます。

楽天カードのお申し込みは以下の公式サイトからすぐにできます。