クレジットカードとデビットカードの違いは何?

何らかの理由でクレジットカードが作れない方には、デビットカードがおすすめです。

VISAやJCBといったクレジットカードの国際ブランドが展開するデビットカードの利用が最近増えています。

こちらでは、クレジットカードとデビットカードの違いをご説明します。

クレジットカードは「借金」、デビットカードは「現金」

カードと現金

クレジットカードとデビットカードの一番の違いは、簡単に言うと以下のとおりです。

  • クレジットカードは、借金
  • デビットカードは、現金(に近い)

クレジットカードでは、利用者の方がお店の買い物などでカードを使った金額をすぐに支払う必要がありません。

利用者の方が利用金額を支払うのは、後日の指定された支払日にクレジットカードの引落口座を通じてカード会社に支払います。

利用者の方がカード会社に支払いをするまでの期間、カード会社がお店での買い物の費用を立て替えてくれている形になります。

そのため、利用者の方は指定の支払日までカード会社から買い物分のお金を借りていることになるのです。

このように、クレジットカードでは利用者の方がカード会社に「借金」をしている、と言えます。

これに対して、デビットカードでは、利用者の方がお店の買い物などでカードを使った金額は口座から即時に引き落としされます。

デビットカードの即時引き落としのイメージを簡単に言うと、買い物の場で振込手数料なしでお店の口座に現金の振込をしているようなものです。

そのため、カードの形態をとってはいますが、デビットカードはとても「現金」に近い、と言えます。

クレジットカードは借金、デビットカードは現金(に近い)。

これがクレジットカードとデビットカードの最大の違いです。

デビットカードの特徴やメリットについては、以下の記事でより詳しくご説明しています。

icon デビットカードってどんなカード?メリットは?

デビットカードは審査なし、1回払い

YESとNOの女性

上でご説明した違いに関連して、クレジットカードとデビットカードでは、作り方と支払方法にも違いがあります。

作り方:クレジットカードは審査あり、デビットカードは審査なし

「借金」であるクレジットカードを作るには、カード会社による「審査」が必ずあります。

審査では、支払日にきちんとお金を返せるだけの安定した収入がカードを作る方にあるのかどうか、をカード会社はしっかりと見極めます。

そのため、クレジットカードでは審査に落ちてカードを作れない、ということがありえます。

これに対して、「現金」に近い特質を持つデビットカードを作る際には「審査」はありません。

年齢などの決まった条件をクリアしていれば、金融機関に口座を開いてデビットカードを作ることができます。

支払方法:クレジットカードは分割払い・リボ払い可能、デビットカードは1回払いのみ

利用者の方がカード会社にお金を返済するクレジットカードでは、返済の方法が複数あります。

1回払いやボーナス払い以外に、分割払いリボ払いなど、利用した金額を何回かに分けて毎月の支払額(返済額)を少なくすることができます。

ただし、分割払いやリボ払いでは、金利がかかるので注意が必要です。

また、クレジットカードでは、利用金額の範囲内であれば、利用時に支払い口座に金額の有無は問われません。

これに対して、デビットカードでは支払方法は1回払いのみ。

カード利用時に口座から即時引き落としです。

そのため、利用できる金額は預金口座にある金額の範囲内に限られます。

これもデビットカードが現金に近いことを表す特徴です。

このように、クレジットカードとデビットカードには、それぞれの「借金」「現金」という性質の違いによって、作り方や支払方法にも違いがあるのです。

デビットカードには2種類ある

さて、デビットカードには、J-Debit(ジェイデビット)ブランドデビットの2種類があります。

J-Debitは日本オリジナルのデビットカードで、たいていの金融機関のキャッシュカードに機能の1つとして付いています。

一方、ブラッドデビットはVISAやJCBなどのクレジットカードの国際ブランドが展開しているデビットカードです。

ジャパンネット銀行などネット系の金融機関のキャッシュカードに機能として付いていたり、キャッシュカードとは別のカードで発行している金融機関もあります。

icon JNB Visaデビット(ジャパンネット銀行のデビットカード)公式サイト

日本銀行の調査によれば、日本で最近特に利用が伸びているのはブランドデビットです。

ブランドデビットは、J-Debitに比べて以下のような多くのメリットがあります。

  • 使える店舗が圧倒的に多い
  • インターネットショッピングでも使える
  • 海外でも使える

これからデビットカードを作るなら、VISAデビットなどのブランドデビットがおすすめです。

ブランドデビットの使い方はクレジットカードと同じ

PINコードの入力

ブランドデビットの使い方は、国際ブランドのクレジットカードと同じです。

VISA、JCBのブランドマークのある店舗ならどこでも使えます(一部除く)。

支払いの際に「VISAで」「1回払いで」と伝えて、ブランドデビットのカードを渡し、サインか暗証番号の入力で完了です。

支払いの時に「デビットカードで」と伝えると、J-Debitと間違われて、カードが使えない場合があるので注意してください。

まとめ

クレジットカードとデビットカードの違いをご説明しました。

以下に主な違いを一覧にしてまとめました。

項目 クレジットカード デビットカード
イメージ 借金 現金(に近い)
利用できる金額 利用可能金額の範囲内 預金口座の残高以内
支払時期 締切翌月の指定引落日 即時の口座引落
支払方法 一括払い
ボーナス払い
分割払い
リボ払い
一括払いのみ
作り方 審査あり 審査なし

「借金」であるクレジットカードと違い、「現金」に近いデビットカードは審査なしで作ることができます。

そのため、何らかの理由でクレジットカードが作れない方も、デビットカードなら作ることが可能です。

使い勝手も特にVISAなどのブランドデビットならば、クレジットカードと同じ感覚で便利に使えます。

また、デビットカードはキャッシュレスですから、支払いの際の小銭を減らしたい方や現金の持ち歩きを減らしたい方にも最適ですね。