デビットカードってどんなカード?メリットは?

デビットカードは、クレジットカードと同じような感覚で、手軽で便利に、さまざまなシーンで支払いができるカードです。

しかも、クレジットカードよりも利用のリスクが少なく、そしてカンタンに作ることができます。

こちらではデビットカードの特徴とメリットをご説明します。

デビットカードとはこんなカード

複数のカード

デビットカードは、金融機関が発行しているカードで、買い物などの際に支払いができるカードです。

デビットカードで支払いの際は、暗証番号の入力かサインで済ますことができます。

デビットカードの支払い時の使い方はクレジットカードとほぼ同じです。

そして、デビットカードの大きな特徴は、支払い金額は口座から即時に引落しされる点にあります。

この点では指定された支払日にまとめて利用金額を引き落とすクレジットカードとは大きな違いがあります。

そのため、デビットカードは現金に近い感覚で利用できるとお考えいただくのがよいでしょう。

デビットカードとクレジットカードの違いは以下の記事でより詳しくご説明しています。

icon クレジットカードとデビットカードの違いは何?

また、デビットカードを利用するにあたっては特に手数料などはかかりません。

デビットカードは利用したら即時引落なので、クレジットカードの分割払いやリボ払いのような金利もかかりません。

ただし、一部のデビットカードでは、クレジットカードのように年会費が必要なデビットカードがあります。

ですが、そうしたデビットカードも決められた条件を満たすと年会費が無料になるので、あまり神経質になる必要はないでしょう。

このような特徴を持つデビットカードですが、次に利用者の方に具体的にどんなメリットがあるのかをご説明しましょう。

メリット1. お金の管理がしやすく、安全で安心

ポイントをあげる女性

デビットカードを持つメリットの1つ目は、お金の管理がしやすいことです。

利用した金額が口座から即時引落のデビットカードでは、口座に残高が不足している場合は利用ができません。

デビットカードの使用限度額は口座残高の範囲内です。

そのため、クレジットカードと違い、「使いすぎ」の心配がありません。

デビットカードではパソコンやスマホで利用履歴が確認できるので、どこでいくら使ったかもすぐに分かります。

デビットカードを利用することで、月々のお金の管理がとてもカンタンになります。

デビットカードだけで支払いができますから、現金を持ち運ぶ手間もかかりません(キャッシュレス)。

また、紛失や盗難などのトラブルの際には、現金そのものと違い、デビットカードならば暗証番号が設定されているので、すぐに使われてしまうことはありません。

紛失などに気づいたら、すぐにデビットカードを発行している金融機関のサービスデスクに連絡して、利用停止の手続きをすれば被害を防げます。

クレジットカードのような不正利用の保険も付いています。

このように、デビットカードは以下のような安全で安心な支払い手段なのです。

  • お金の管理がとてもカンタン
  • クレジットカードのような使いすぎの心配がない
  • 現金の紛失や盗難のリスクがない

メリット2. 多くの人が作りやすい

高校生たち

デビットカードの2つ目のメリットは、カードの作りやすさです。

デビットカードは15歳以上の方であれば、どなたでも金融機関に口座を開設して作ることができます(一部の金融機関では中学生不可)。

特にクレジットカードと比較すると「審査」がないので、「審査」に落ちてカードが作れないなどということは、デビットカードではありません。

また、クレジットカードは高校生の方は作ることはできませんが、デビットカードは高校生の方も作ることができます。

そのため、高校生の方や何らかの理由でクレジットカードを作れない方に、デビットカードは便利な決済方法(支払方法)としておすすめです。

メリット3. 店舗でも、ネットでも使えるシーンが多い

カードを見ながらPC操作する人

デビットカードの3つ目のメリットは、支払い手段として使える場面が多いことです。

デビットカードは、コンビニやスーパーなどの店舗はもちろん、アマゾンや楽天などのインターネットショッピングでも利用できます。

ただし、デビットカードの種類には注意してください。

日本ではデビットカードが2種類あります。

銀行などの金融機関のキャッシュカードをデビットカードとして利用する「J-Debit(ジェイデビット)」と、VISAやJCBなどクレジットカードの国際ブランドが展開する「ブランドデビット」です。

国内での発行枚数が多いのはJ-Debitですが、現在デビットカードとして利用が増えているのはブランドデビットです。

以下の日本銀行によるデビットカード利用状況(決済件数)の調査結果グラフでも、2010年はややJ-Debitの方が利用が多かったものの、2016年には圧倒的にブランドデビットの利用が多くなっています。

デビットカードの利用状況(決済件数)
出所:「最近のデビットカードの動向について」日本銀行 決済機構局 2017年5月から作成

ブランドデビットの利用が増えているのは、J-Debitと比べて利用できるシーンが圧倒的に多いからです。

ブランドデビットはVISAやJCBなどのクレジットカードのブランドの表示がある店舗で利用でき、インターネットショッピングでも利用できます。

さらに、ブランドデビットは海外でも利用することができます。

これに対して、J-Debitは専用の端末がある店舗でしか利用できず、その専用端末がある店舗の数もブランドデビットが使える店舗の数よりも大幅に少ないのです。

また、J-Debitはインターネットショッピングや海外では利用できません。

そのため、これからデビットカードを作るなら、VISAやJCBなどのブランドデビットを作った方が良いでしょう。

例えば、ブランドデビットを発行しているジャパンネット銀行「JNB Visaデビット」の利用先トップ3は、「アマゾン」「ファミリーマート」「iTunes store」となっています。

店舗やネットを問わずにVISAのデビットカードが便利に利用されていることが分かりますね。

まとめ

デビットカードの特徴とメリットをご説明しました。

高校生の方など、特にクレジットカードが作れない方向けの便利な支払い手段としてデビットカードはおすすめです。

デビットカードを作るなら、使える店舗が多く、インターネットショッピングや海外でも使えるブランドデビットを作りましょう。

先ほど取り上げたジャパンネット銀行の「JNB Visaデビット」は以下の公式サイトから口座を開設してデビットカードを作ることができます。

icon JNB Visaデビット(ジャパンネット銀行のデビットカード)公式サイト